ハワイ島の宿を探そう!

ホテル・コンドミニアム・B&B・バケーションレンタル

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



No. ------------ | スポンサー広告 | 宿の感想(-) | TB(-)

破格のショアーズ 150ドル~ 

高級リゾートなのに、非常に格安な料金で泊まれてしまうお部屋があります。
それは、私やみやがお世話になっている、たみよさん御一家が所有するユニット。

何と、ショアーズ・アット・ワイコロアが1泊 150ドルなのです。

詳細はこちらのサイトで確認して下さい。

■ Harmony Hawaii
※ 残念ながら都合によりこの物件の貸出しはなくなりました(2008年11月)

タマリンド・タワー1階にある2ベッドルームのユニットで、お部屋の内装も、とっても素敵。窓が大きく開放感に溢れています。

ショアーズで、この料金設定はありえません。何とアロハスピリッツに溢れているのでしょうか♪

ちなみに、、、
サービス等に違いがあるので単純に比べることはできませんが、リゾートクエスト管理のショアーズの料金は、一番安くても280ドル(2ベッドルームの場合)です。
バケレンの場合、通常別途清掃料がかかり、たみよさんのユニットの場合は+100ドルですが、連泊すれば1日当りで計算しても、それ程大きい金額ではありません。

この機会に、是非利用されては如何でしょうか?
こんな良心的な料金で貸し出してくれているのは今だけかもしれませんよ(^^*




No. 2007-1026-0759 | ハワイ島の宿を語る | 宿の感想(0) | TB(-)

さっさと泊まろう!憧れの宿 

このサイトを完成させてから、まだ1年も経っていないのですが、これを作ったときに比べて料金が上がっている宿が、よく見つかります・・・。
全く困りますねぇ。

5ドル上げるくらいなら可愛いもので、10ドルくらい平気で上がっている宿も沢山あります。
しかも、「いいなぁ。泊まりたいなぁ。」と思っている宿ほど、UPしている確率が高いのです。

2006年9月、私が泊まりたかった宿「Hamakua Hideaway Cliff House」にとうとう泊まってきました。念願達成♪

しかしこの宿、私が予約する直前にすごい値上げをしておりました。
このサイトに情報を載せた時は、1泊 150ドルだったのが、一気に190ドルに・・・。
何と40ドルUPですよ!?
(2泊以上する場合の料金です。1泊だともっと高いです)

どうしても泊まりたいので泊まりましたが、190ドルでは、やはり割高だと感じました。
もちろん素晴らしい景色で、感動的でしたけどね!


このサイトを作っていて勉強できたことがあります。
憧れの宿は、さっさと泊まらないと、どんどん遠くへ行ってしまいうということ。

特にハワイ島リピーターさん!
「すごく泊まってみたいけど、ちょっと金額が高いんだよなぁ。今回はやめておくか・・・」
と思っていると、次回の旅行時には更に手の届かない宿になっている可能性が高いです。ここは思い切って、憧れの宿に泊まっちゃいましょう!
責任は持てませんけども・・・(笑)







No. 2007-0115-0803 | ハワイ島の宿を語る | 宿の感想(0) | TB(-)

コナのオーシャンフロント (リーズナブル編) 

前回は、崖っぷちに佇む絶景の宿を紹介しましたが、今回はビューの王道「オーシャンフロント」の宿について書きます。

観光地化されたカイルア・コナの町。
その中心地から海に沿って南へと伸びる一本の道 ” アリイ・ドライブ ” 沿いには、選ぶのに困ってしまうくらい沢山の宿が建っています。

これだけあると、宿を選ぶのには、条件を付けて消去法で消していかなければなりません。
今回は、「150ドル以内でオーシャンフロントのお部屋」で絞ってみました。

結果は、下の「続きを読む」をクリックして下さいね。





No. 2006-0731-0831 | ハワイ島の宿を語る | 宿の感想(2) | TB(-)

崖っぷちハウス 

オーシャンビューやオーシャンフロント、はたまたクレータービューなど、宿のビューにこだわる方は、こんな宿は如何でしょうか?
「崖っぷちハウス」

その名の通り、崖っぷちに建てられたお家で、断崖の向こうには、果てしないブルーの海が広がっています。
遮るものはありません。

さすがに、お値段は私にはちょっと高めですが、、、
いつか絶対泊まってやろうと心に決めています(笑)

そんな宿を、断崖絶壁が続くハマクア・コーストに3軒ほど見つけました。
うち、2軒はバケーションレンタル(一軒家)なので完全なプライベート!この絶景を独り占めできちゃうわけです。
しかも、その2軒はワイピオ渓谷に面していて、お家に居ながら展望台気分まで味わえてしまうという美味しい場所。
とっても素敵な宿なのです♪


■ ハマクアの「崖っぷちハウス」
【1】 ハマクア・ハイダウェイ・クリフ・ハウス
【2】 クリフ・ハウス
【3】 ザ・パームス・クリフ・ハウス・イン






No. 2006-0726-0815 | ハワイ島の宿を語る | 宿の感想(3) | TB(-)

ボルケーノの夜 

「常夏ハワイ」 なんて言いますが、ハワイって本当は暑いばかりじゃないですよね。朝夕は涼しい風が吹き抜け、半袖では肌寒く感じることだってあります。いや、それを通り越して 「寒さ」 を体験できる場所もあります。
それは、ボルケーノ・ビレッジの宿です。

歴史の深いホテル」 でも紹介したボルケーノの宿 「ボルケーノハウス」 では、百何十年の間、消されることなく暖炉に火が灯され続けています。
暑い昼間、このホテルにちょっとだけ立ち寄った方には違和感を感じるかもしれない、この暖炉・・・

でも、ボルケーノの宿には暖炉が必需品と言っていいくらい、この地域の夜は冷え込むのです。暖炉でなくとも、宿には必ず暖房器具が備え付けられています。ベッドの毛布が電気毛布だった宿もあります。
というか、暖房がない部屋には泊まってはいけません!
風邪ひきますから(笑)

シダの生い茂る、ひっそりとした森の中、暖炉の火が揺れているお部屋で静かな夜を過ごす・・・。
とっても素敵じゃありませんか?

私は、ボルケーノ・ビレッジが大好きです。
まだボルケーノの夜を過ごしたことがない方は、是非ともハワイの寒さを感じてみてください。


【薪ストーブの使い方】
「暖炉」といっても、客室にあるのは薪ストーブや暖炉風のガスストーブが多いようです。(一番多いのは普通の暖房器具ですが)
しかし、特に薪ストーブの場合、どうやって使うのか全く分かりませんので、日本でひと通り使い方を勉強していくと安心です。
・・・といっても、私は勇気がなくて結局使えませんでしたが(笑)
こちらのサイトがとっても参考になります。
■ 薪ストーブ生活


【初めてボルケーノに泊まる方へ】
私は9月のボルケーノしか経験したことがありませんが、この時期でもボルケーノの夜は、日本の(東海地方の)11月初旬~中旬くらいの気候と同等の寒さに感じられました。これが冬の季節だったら、もっと冷え込むかもしれません。
(昼間はとっても暑かったり、逆に涼しかったりで気温はマチマチです)

パジャマは長袖が必要です。私の場合、上だけ長袖で下は短パンにしています。暖房がよく効く部屋ならば、この格好でも大丈夫です。そうでなければ、更に上に何かを羽織ります。
どちらにしても、ボルケーノでは昼間でも天候が悪いとかなり冷えますので、さっと羽織れる長袖の服は必需品です。

もう一つ気をつけたいのは入浴中に浴びる熱いシャワー。
ハワイでは、お湯が延々と出てくるかどうかはナゾです。もしかしたら限度があって、途中で水に変わってしまうかもしれません。そんな話もチラホラ聞きますので・・・。
暑い地区ならまだマシですが、ボルケーノではちょっと、、、
なるべく節約して使うことを心がけた方がよいかもしれません。


■ 暖炉(薪ストーブ)のある気になるお宿
【1】 ハレ・オヒア・コテージ (Cottage #44)
【2】 ロータス・ガーデン・コテージ (Hula Moon)
【3】 カントリー・グース・B&B (HALE OMA'O)





No. 2006-0621-2229 | ハワイ島の宿を語る | 宿の感想(0) | TB(-)
カテゴリー
最近のコメント
オススメ予約窓口


サイト内検索
プロフィール

クマ

管理人 : クマ
ハワイ島好きのクマです。
こんな宿のリンク集があったらいいな!と思い、このページを作りました。少しでもいいので個人手配旅行の方のお役に立てたら嬉しいです。

【クマのサイト】
■ アロハ魂クマックス
■ ハワイイ!壁紙
■ アロハフォント
■ No Rain No Rainbow
■ 壁紙倉庫

【ダンナのブログ】 たけが管理人
■ オリンパス写真日記

【姉妹サイト】 姉の「みや」が管理人
■ あろは村

【みやとの共同サイト】
■ アロハギャラリー

【管理人へメールする】
■ こちらをご覧下さい

[ログイン]


投票してみてね
投票結果は下の虫眼鏡マークのボタンをクリックすると見れます。現在、一番人気はコンドミニアム!

無料アクセス解析






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。